【お詫びを兼ねてご案内いたします】

兵庫県産スギ・ヒノキウッドチップチップ単体【Aタイプ】

【お詫びを兼ねてご案内いたします】

当店の「ウッドチップ単体タイプ」3月生産ロット分につきまして、厳しいご意見を頂きました。

本件について当店では

①2017年3月以降(3月生産ロットに該当)にご購入されたお客様の中で、ご希望の方につきましては4月生産分新ロットへの交換またはご返品を承ります。
(Yahoショッピングページ内の「ストアへのお問い合わせ」よりご連絡ください。その際「ご注文番号」を「ご氏名」を記載頂ければ大変助かります。)

②3月生産ロット分の在庫につきましては、通常価格2780円を2480円に引き下げた上で販売継続いたします。(本日現在およそ20セット分です)

http://store.shopping.yahoo.co.jp/gard…/004-gwc-c50-by2.html

・3月生産ロット分が在庫が完売次第、4月生産ロットへ移行いたします。価格は通常価格となります。

4月生産ロット分は商品の状況を確認の上、出荷させていただきますので、交換ご希望の方には少しお待ちいただく必要があるかもしれません。

取り急ぎ上記2点にて対応させていただきます。
お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【お詫びを兼ねてご案内いたします】 への2件のコメント

  1. 伊東正泰

    先日、庭の芝生が枯れて、ウッドチップを 庭に撒きたいと相談した者です。
    芝生を剥がしてから 防草シートを引く手配と言いましたが、
    今の枯れた芝生の上に防草シートを引いた場合は 何か 弊害がありますでしょうか? 芝生を剥がそうと思ったのですが 凄い労力が入りそうなので・・。

    返信

    1. Shinichiro Akishiba

      この度はお世話になります。
      ガーデナス岡山あかいわ店・神戸あさご店 秋柴です。

      過日はお電話にてお問い合わせ頂いたかと存じます。その節はありがとうございました。
      本日はコメント投稿にてお問い合わせを頂戴しましたので、こちらからお応えさせていただきます。
      ・・・
      お問い合わせの「枯れた芝生の上に防草シート」を・・・とのことですが、主に下に敷きっぱなしとなる芝生の状態によって、何らかの障害が発生する可能性はあるかと存じます。

      ただ、先日お届けしたお客様の中には「枯れた芝生の上に、そのままチップを被せて施工した」という方もおられます。
      この方の場合は、春先に多少はチップの間から芝生が伸びてもよい、という方でしたので様子を見ながらと事前にご相談させていただいた上、お届けに上がりました。

      伊東様のご検討中の方法、つまりそのまま防草シートを敷き、さらにチップをかぶせる場合ですが・・・
      ①防草シートがまだ完全に枯れていない芝生直上にある場合で、春先にもし芝生が生育を再開した場合、
       地面が不陸(平らでない状態)となりやすく、滑ってチップが流れやすくなります。
      ②芝生生育再開による不陸の状態では、例えばご家族や飼育犬が走り回るといった場合にフワフワした地面となるためで安定を失いやすく、最悪足を痛める可能性があります。
      ③防草シート下で芝生が生育しない場合でも、残った芝生が腐敗し異臭の元になる可能性も残ります。

      ・・・などと、考えながら記述していましたが・・・完全に枯れていない可能性が残る場合にはあまりお勧めはできないです。。。
      というのが正直な感想です。
      芝生を残す場合は前述のお客様同様、芝生を残したままで直接チップを敷いたほうがまだ安全面としてはよいのではないかと存じます。
      ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。

      ガーデナス 秋柴。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL